アクションジャパンBLOG : ページ 4 : 【公式】アクションジャパン株式会社

アクションジャパンBLOG

  • お知らせ

    10月20日は「床ずれ予防の日」

    2022.10.20
    10/20は床ずれ予防の日!

    床ずれ防止用具を販売しているメーカーとして、
    色々語りたいことは山ほどありますが、
    阪和病院 院長 美濃 良夫先生監修の
    「正しい床ずれの防止と介護」という
    床ずれ介護の基礎知識を紹介したパンフレットがございます。

    弊社ホームページの資料ダウンロードより
    ぜひご確認ください!

    「正しい床ずれの防止と介護」>>

    ※2016年に発行したため、
    美濃先生を阪和病院 副院長と紹介してあります。
    • 阪和病院 院長  美濃 良夫先生監修(2016年発行)阪和病院 院長 美濃 良夫先生監修(2016年発行)
    • 床ずれ予防の日ポスター床ずれ予防の日ポスター
  • 展示会情報

    介援隊FES in 兵庫 福祉用具展示会に出展いたします

    2022.10.17
    10月21日に三木市で開催されます、
    介援隊FES in 兵庫 福祉用具展示会に
    弊社ブースを出展いたします。
    (株式会社ケアマックスコーポレーション様主催)

    フェスというだけあり、当日はハズレなしの
    抽選会が開催されます!

    先着300名様に道の駅みきで使用できる
    500円分の商品券も配布予定です!

    キッチンカーも来てくれるみたいですので、
    当日晴れますように🌞

    開催場所:かじやの里 メッセみき
    開催日時:2022年10月21日(金)9:30~16:30


    皆さま、是非お立ち寄りください!

  • その他

    自分で出来ることを増やす 4Dハートフルクッション

    2022.10.17
    10/1に発刊された、福祉用具の日しんぶん2022に
    「食事を自分でするためには体幹をきちんと直立させることがまず基本」との
    記事がありました。

    「可能な限り長い期間自分で食べ続けるためには、
    早い段階から姿勢には十分気をつけ、姿勢が崩れるようになったら、
    車いすをきちんと調節し、最適なクッションを選んで、
    食事をしやすい姿勢になるようにすることをお勧めします」

    (福祉技術研究所 代表の市川洌様執筆記事より抜粋)


    弊社の車いす用クッション 4Dハートフルクッションは、
    「使用中に背筋がまっすぐになり、食欲が旺盛になった人がいる」
    と評価施設様からの報告を受けています。

    座った時、お尻の両側にある坐骨が体を支える要になります。
    4Dハートフルクッションの中央部の盛り上がりは、
    その坐骨を安定させ、真ん中の尾骨から背骨がまっすぐに伸びるよう
    サポートいたします。


    「自分で出来ることを増やす」ためにはどの福祉用具を
    使用するのかということが、QOLの観点からも大切ですね!


    ご購入前にお試しできる、デモ品のご用意もございます。
    お近くの介護ショップや販売店にお問い合わせください。
    • 坐骨とクッションの中央部の盛り上がりが<br />
骨盤を安定させる→座姿勢がよくなる坐骨とクッションの中央部の盛り上がりが
      骨盤を安定させる→座姿勢がよくなる
    • 4Dハートフルクッション4Dハートフルクッション
  • 展示会情報

    国際福祉機器展(HCR)2022 来場者数速報

    2022.10.7
    おはようございます!
    本日はHCR2022最終日です。

    昨日まで2日間の会場来場者数(速報値)は、
    約59,000人になるそうです!

    本日も多くの方々にお会いできることを楽しみにしています!
  • 展示会情報

    国際福祉機器展(HCR)2022開幕いたしました!

    2022.10.5
    おはようございます!

    本日からHCRが開幕です!
    東京ビッグサイトにぜひお立ち寄りください。
    ブース番号:5-11-02


    アクションパッド、膝で全体重で押してみてくださいね~☆
  • お知らせ

    テニスのサポート選手が全日本大会で優勝しました!

    2022.9.12
    弊社が青少年育成プログラムの一環としてサポートしている
    高校1年生のテニスプレーヤー西村佳世選手が、
    今年の国内トップを競う全日本ジュニア選手権大会で優勝をしました!

    トッププレーヤーはコーチや顧問の先生だけではなく、筋トレや
    食事などあらゆる分野のエキスパートによって支えられています。
    弊社は、長時間の移動や待機、睡眠時に身体(筋肉)を休める
    ために製品を提供しています。

    身体を酷使するアスリート用のクッション研究・開発が、高齢者の
    方々が快適にお過ごしになれる製品づくりにつながりますし、若者
    がその一端を担うことで、心優しく育ってくれるお手伝いができれ
    ばと、これからもサポートを続けて参ります。

  • 展示会情報

    ウェルファン金沢研修会に出展いたします

    2022.9.12
    9月15日(木)にウェルファン様の金沢研修会にて、
    弊社ブースを出展いたします。

    開催場所:金沢流通会館 1F大ホール
    開催日時:2022年9月15日(木) 9時45分~16時45分


    皆さま、是非お立ち寄りください。
  • お知らせ

    国際福祉機器展(HCR)2022に出展いたします

    2022.9.5
    国際福祉機器展(HCR)2022の入場登録が本日解禁いたしました!
    10/5(水)~10/7(金)まで東京ビッグサイトにて開催予定で、
    弊社も神戸から東京に乗り込んで出展いたします。

    出展までには色々な準備が必要で・・・
    たとえばアクションパッドのカットサンプル!
    象が片足で乗っても底づきしない素材を
    ご確認いただくため、皆様にお配りしますが何個必要か・・・?

    ひと昔前までは何と5,000個ほど用意していたんだとか!?

    大きな展示会のため、ブースに来られたお客様は、
    色々なカタログを何十枚も入れた重いカバンを腕にぶら下げている方もいらっしゃいます。
    カバンの紐が細いと腕にめり込んでしまい、腕が赤くなってしまいます。

    そんな方には、カット用アクションパッドを腕の上に置いて
    カバンの紐が腕にめり込まないアドバイスをします。

    アクションパッドを挟むことで接触面積が広がり圧力が分散され、
    赤くならずまた痛くもなく、楽にカバンを持つことが出来ます。
    床ずれ防止の原理と同じですね。

    ブース番号等の詳細が決まりましたら、
    展示会情報欄にて告知させていただきます。

    Web展は本日から開催中ですので、一度サイトを覗いてみてください。
    国際福祉機器展>>
  • 展示会情報

    介援隊福祉用具展示会 2022 in 広島に出展いたします

    2022.8.29
    ケアマックスコーポレーション様主催の
    「介援隊福祉用具展示会 2022 in 広島」にて、
    弊社ブースを出展いたします。

    開催場所:広島県立広島産業会館 西館
    開催日時:9月9日(金) 10:00~16:00  

    皆さま、是非お立ち寄りください。
  • お客様の声

    心安らげるトイレタイムを 便座用アクションパッド #3300

    2022.8.24
    トイレの便座に座ると、尾骨の部分が痛いとお困りだった
    山口県在住60歳代・女性のお客様の使用後アンケートを紹介させていただきます。
    (便座用アクションパッド #3300 をご購入)


    「自宅のポータブルトイレで使用しています。
    これまでは直に座ったらすぐ尾骨が痛いと5分も座れなかったのが、
    ゆっくり座れて便も出せるようになりました。ありがとうございます。」


    座っている状態で、尾骨は褥瘡になりやすい部位と言われています。
    骨が突き出ているので、強く圧迫されやすいからです。

    では、アクションパッドを便座の上に載せるとどうなるでしょうか。

    パッドが適度に沈み込むことで体の接触面積が大きくなり、
    尾骨に集中していた圧力を分散することが出来ます。

    心安らげるトイレタイムをご提供したい。
    そんなコンセプトから開発された便座用アクションパッド。

    ご購入前に実際にお試しいただくことのできるデモ機もございます。
    お近くの販売店や介護ショップにお問い合わせください。
    • 便座用アクションパッド #3300便座用アクションパッド #3300
    • 使用後アンケート使用後アンケート